石沼の住人記録帳

石沼に沈んだ主婦の記録です。

創作にもハンドルネームにも使える!かっこいい名前の鉱物をご紹介―西洋名編2―

こんにちは、しょーこです。今日はアンダリュサイトという鉱物について紹介します。

 

 

まずは組成を含めた基本情報を見ていきましょう。

基本情報

 

(出典 起源がわかる宝石大全)

 

英名

Andalusite(アンダリュサイト) 

和名

紅柱石(こうちゅうせき)

組成

Al2SiO5

結晶系

直方晶系(斜方晶系ともいう)

モース硬度

6.5~7.5

屈折率

1.63~1.64

へき開

完全(2方向)

主な産地

ブラジル・オーストラリア・南アフリカなど

 

アンダリュサイトはアルミニウムのケイ酸塩でできている、ケイ酸塩鉱物です。

 

ケイ酸塩とは二酸化ケイ素と金属の酸化物からできている化合物で、アルミニウム・鉄・カルシウムなどが含まれたものが存在します。

 

ケイ酸塩鉱物とはケイ酸塩でできた鉱物のことで、地球の地殻の約90%を占める鉱物のグループです。

ケイ酸塩鉱物の中ではさらに以下のグループに分かれます。

 

  • ネソケイ酸塩鉱物(かんらん石やジルコンなど)
  • ソロケイ酸塩鉱物(緑簾石など)
  • サイクロケイ酸塩鉱物(ベリルやトルマリンなど)
  • 単鎖イノケイ酸塩鉱物(輝石など)
  • 2本鎖イノケイ酸塩鉱物(角閃石など)
  • フィロケイ酸塩鉱物(雲母や粘土など)
  • テクトケイ酸塩鉱物(石英や長石など)

 

そしてアンダリュサイトはサイクロケイ酸塩鉱物の1つです。

 

結晶系は直方晶系と呼ばれるものです。これは長さがちがう3本の軸が、互いに直角に交わるもののことを指します。アラゴナイトやかんらん石が仲間です。

 

モース硬度(ひっかき傷に対する強さ)は6.5から7.5で、永久歯のエナメル質のモース硬度が6、銅鉄でできたヤスリが7.5なので、永久歯のエナメル質よりも硬く、銅鉄のヤスリと同じくらい、ひっかき傷に強いです。

 

屈折率は1.63から1.64なので、黄色やオレンジのトパーズやネフライトと同じくらいとなります。

 

もちろんカットにもよりますが、トパーズくらいに輝いていると想像すると、キラキラ具合がイメージしやすいですね。

 

へき開とは特定の方向に割れやすい性質のことを指します。アンダリュサイトのへき開は完全、つまりへき開するほうに沿って簡単に割れ、割れた面が均一でなめらかな光沢がある状態です。ちなみにへき開する方向以外には割れません。

 

由来や逸話

アンダリュサイトは1978年にフランスの鉱物学者である、ジャン・クロード・デラマテリーが発表した鉱物で、スペイン南部のアンダルシア地方で発見されたと言われています。

 

しかし実際にはスペインのカルティーリャラマンチャグアダラハラ県にある、エル・カルドソ・デ・ラ・シエラというところで発見されたという話もあるそうです。

 

アンダリュサイトは炭素によるインクルージョン(内包物)が、黒っぽい十字模様に見える場合があり、かつては十字架の石(ラピス・クルシファー)、現在はキアストライトと呼ばれています。

 

かつては多くの巡礼者が、キアストライトで作ったお守りを購入しました。

 

邪眼(悪意を持って相手を睨みつけ、対象者を呪う魔力のこと)を跳ね返すおまじないにも使われていました。

 

管理の方法について

ジュエリーの場合は汗や皮脂などが付着するため、使ったあとは柔らかい布で表裏を拭きましょう。また宝石箱などに保管する場合は、ほかの宝石と一緒に収納するのは避けましょう。

 

アンダリュサイトよりモース硬度が低いとその宝石が傷つき、アンダリュサイトよりもモース硬度が高い宝石だと、アンダリュサイトが傷ついてしまうからです。

 

ぜひ個別に保管するか、仕切りのある宝石箱に入れて管理してください。

 

パワーストーンにおいての立ち位置

洞察力、集中力を高める力があるとされています。また多色性があるため、いろんな視点から物事を見て冷静な判断ができるとも考えられています。

 

自身が気づいていない魅力を引き出し、新しい出会いを呼び込むとも言われており、作業に集中したい方や判断力を高めたい、新しい出会いを求めている方におすすめです。

 

石言葉

石言葉は『希望』『成長』などです。

 

まとめ

アンダリュサイトはレアストーンなので、あまり見かける機会がないかもしれません。しかしレアストーンがほしい・多色性のある石が好きだという方はぜひ探してみてください。

 

パワーストーンとしては集中力を上げたい・冷静に判断できるようになりたい・新しい出会いがほしい方におすすめです。

 

それでは、また。

関西石沼オフ会、行ってきた!

こんにちは、しょーこです。

 

12月10日に滋賀県草津にあるホテルで、Stella鉱物館さんが主催された関西石沼オフ会に行ってきました!

 

以下オフ会の感想です。

 

 

会場はホテルの2階にあるお部屋で、フロントにはすでに参加者であろう方々がちらほら。

 

会場であるお部屋に入って、招待状を渡します。

 

いやステラさんが持ってきた原石ちゃんたち、かわいいんだが?

特に濃い紫の子、化けるんだが? (両方フローライトだそうです)

 

 

参加者は主催のStella鉱物館さん(以下ステラさん)を入れて5人。和気あいあいとできそうですねーと話して数分後、見事にそれぞれが持ってきていたコレクションで大盛り上がり!

 

全員が揃ったところで注文した飲み物と、モンブランが運ばれてきました。

 

 

なんやこのおいしそうなモンブランは!

 

ステラさん「それでは簡単に自己紹介をしていただきますー」

 

コレクションで盛り上がっていたので忘れていたけれど、自己紹介まだでした!

簡単に自己紹介をしてモンブランをいただきます。

 

なんとこちらのモンブラン、甘さが控えめでさっぱりしており、とても食べやすかったです。

 

洋酒の風味よりも栗の味がしっかりしており、テッペンと底にはごろりと栗が入っており、わくわくしながら食べました。

 

中にアイスが入っており、ヒートアップした我々にはちょうどよかったです。

 

中には池袋ショーの帰りだった方もいて、お迎えした石ちゃんを見せてもらいました。どれもかわいらしかったです!

 

まるでクジャクが羽を広げたかのような形のアメジスト、ケース1列を占めるタンザナイト、フローライトの入ったクオーツ(間違っていたらすみません!)など、どのコレクションもかわいらしく、素晴らしかったです!

 

そしてステラさんが販売している石も。どれもかわいらしいんだが?

 

イカラーに弱いしょーこ、やっぱりバイカラーの石に惹かれる。まんなかにすぱっと色が入っていてかわいい子でした……。まるで天の川。

 

そしてステラさんが現在開発中・12月中に販売予定の宝石イメージフレグランスも嗅がせていただきました。香りをイメージした宝石はタンザナイトオパール

 

タンザナイトはしっかりと力強くてオリエンタルな香りで、オパールは優しくてフローラルでした。

 

タンザナイトは中東イメージであるためか、複雑な香りだと感じました。オパールは遊色効果や石そのものの軟らかさもあってか、角のとれた香りでした。

 

個人的にはオパールが好みです。

 

ステラさん「これから皆さんに勝負をしていただきます」

 

勝負? え、デスゲームじゃないですよね?

 

なんと景品をかけてのじゃんけん大会が行われました。デスゲームじゃなくってよかったー!

 

景品は4つあり、じゃんけんに勝った人から好きな景品を選べる、というルール。しょーこは3番目になりました。

 

景品はおさわりチェックOKとのことで、触ってから景品を決めるしょーこより先のお二方。

 

しょーこもおさわりチェック。そうだ、重さを確認してみよう。

 

1つ目、スッ  2つ目、ずし……。

 

え、2つ目、なんでこんな重さあるん? 重さの正体が気になったので、重いほうを選びました。

 

すると中身は……!

 

 

心の中の女児大歓喜!めちゃくちゃかわいい小物入れでした!

 

お薬やアクセサリーを入れられるので、とても便利そう。しかもステラさんの手作りだとか。ありがとうございます!

 

オレゴンサンストーンちゃんもかわいい!この色味気になってたのよねえ。

 

そして別の方には追加で真珠缶が!

 

 

なんとこちら、本物の貝が入っており、自分で貝の中に入っている真珠をとり出すのだとか。まじで貝だ……。貝が丸ごと入ってる。

 

ただごくごく稀に入っていないことがあるらしく。仕方がないね、自然のものだもの。

 

お子さんと真珠をとり出す場合には、貝のふちが意外と尖っているらしいので、親御さんが貝を開けてから、中の真珠をお子さんが探す、という形のほうがいいそうです。

 

その後もコレクションやステラさんの石で大盛り上がり。あっという間の2時間でした。

 

主催してくださったStella鉱物館さん、すてきなオフ会をありがとうございました。とても楽しかったです!第2回や名古屋開催お待ちしております!

 

皆さんもぜひ楽しい鉱物ライフを。

それでは、また。

見て見て!しょーこの鉱物棚—パパラチアサファイア編—

こんにちは、しょーこです。今日は私が持っている鉱物の写真も含めて紹介します。

第1弾はパパラチアサファイア

 

 

まずはパパラチアサファイアという鉱物について、組成を含めた基本情報を見ていきましょう。

基本情報

英名

Padparadscha Sapphire(パパラチアサファイア)  

和名

青玉(せいぎょく)もしくは蒼玉(そうぎょく)

サファイアそのものの和名

化学組成

Al2O3酸化アルミニウム

結晶系

三方晶系

モース硬度

9.0

屈折率

1.762~1.770

へき開

なし

主な産地

スリランカ

 

酸化アルミニウムとはアルミニウムという金属と酸素がくっついたもので、サファイアコランダム)は酸化アルミニウムの結晶からできています。鉱物として産出するほか、金属アルミニウムの材料、研磨剤などとしても使われます。

 

結晶系は三方(さんぼう)晶系といい、同じ長さの3本の軸が互いに120°で交わり、交わったところにさらに1本の軸が交わる結晶の形です。トルマリンやカルサイトが仲間です。

 

モース硬度(ひっかき傷に対する強さ。10段階ある)は9もあり、とても硬い鉱物となります。銅鉄のヤスリのモース硬度が7.5なので、銅鉄のヤスリよりも硬いことになりますね。

 

それで宝石の研磨にはダイヤモンドのヤスリが使われることが多いのかもしれません。

 

アクセサリーやジュエリーに適しているモース硬度は7からと言われているため、アクセサリーやジュエリーにお仕立てすることも可能です。

 

屈折率が高いと鉱物は内部での反射が起きやすくなるため、きらきらと輝いているように見えます。

 

水晶の屈折率が1.54なので、パパラチアサファイアの1.762という数値は、水晶より輝いて見えることを指します。キラキラですね!

 

へき開とは特定の方向へ割れやすい性質のことを指します。パパラチアサファイアにはそのへき開はありません。そのため割れやすい方向はありません。

 

由来や逸話

パパラチアサファイアの『パパラチア』とは、サンスクリット語(古代インドの言葉)とシンハラ語スリランカの南半分で話されている言葉)の2つの単語である、『パドマ』と『ラガ』が変化したものです。

 

『パドマ』は蓮、『ラガ』は色・魅力・欲望・リズムという意味です。

 

以前まではパパラチアサファイアの色基準は明確に決まっていませんでしたが、現在はLMHC(ラボ・マニュアル調整委員会)が世界参考基準を設立し、10石を基準としています。

 

ただし日本の鑑別機関では以前からのサンプルを使っているところも多いと言われています。

 

色の基準から少しでも外れると、ピンクサファイアやオレンジサファイアになるので、その範囲の狭さと貴重さがわかる鉱物です。

 

ちなみにパパラチアサファイアに似た名前でパパラチア『カラー』サファイアというものがあります。

 

パパラチア『カラー』サファイアとは、熱処理のあいだにベリリウムを加えた、パパラチアカラーに見せたサファイアのことです。

 

購入する際にはパパラチアサファイアなのか、パパラチア『カラー』サファイアなのか、よく確認しましょう。

 

管理・手入れの方法について

パパラチアサファイアを含めたサファイアの管理で気を付けることは2つです。

 

1つは直射日光の当たるところや湿気の多いところに置かないことです。サファイアは紫外線に弱いため長時間日光に当たると、色あせたり変色したりする恐れがあります。

 

また湿気の多いところでもサファイアの劣化が早まるので、暗く湿気の低いところに保管しましょう。

 

2つめは保管するときの扱いです。パパラチアサファイアとほかの鉱物やジュエリーと一緒にしてはいけません。

 

サファイアは先述したようにモース硬度9と硬い鉱物であるため、ほかの鉱物やジュエリーを傷つける恐れがあるからです。

 

お手入れは柔らかい布で拭くほか、中性洗剤を使って柔らかいブラシでやさしくこすっても大丈夫です。拭いたり洗ったりする場合は、表面はもちろん裏面もお手入れしましょう。

 

サファイア自体が透明度の高い鉱物なので、裏面が汚れていると美しさが損なわれてしまいます。ジュエリーの場合は裏面に皮脂や汗などの汚れがつきやすいので、裏面までお手入れすることが大切です。

 

サファイアは超音波洗浄もできますが、購入したお店の人から避けるように言われた場合はやめておきましょう。

 

パワーストーンにおいての立ち位置

パワーストーンにおいてのパパラチアサファイア良縁を呼び込むとされています。

 

恋愛はもちろん仕事やライフスタイルも含まれており、運命的な恋だけでなく、天職を見つけたりや思い描いていた人生を過ごせるようになったりするとされています。

 

石言葉

石言葉は『信頼』・『慈愛』・『一途な愛』・『運命的な恋』などです。

 

写真

こちらは私がV.V GEMSさん(@VirovetsV)で購入した、パパラチアサファイアちゃん。
しずく型(ペアシェイプカット)でピンク色がかわいい子です。

 

まとめ


パパラチアサファイアは色の基準から少しでも外れると、ピンクサファイアやオレンジサファイアになるため、大変貴重な鉱物です。

 

もしもミネラルショーやオンラインショップなどで気に入ったパパラチアサファイアを見つけたときは、ぜひ購入を検討してみてください。

創作にもハンドルネームにも使える!かっこいい名前の宝石や鉱物をご紹介―西洋名編1―

こんにちは。しょーこです。

 

石には和名のほかに、宝石名や鉱物名がありますよね。なかには、創作キャラクターやハンドルネームに使うとかっこいい名前も。

 

今回はかっこいい名前の石を紹介します。

以下石の名前や詳細です。

 

続きを読む

オパール、削ってみた

みなさん、こんにちは。しょーこです。

 

10月22日にMoixx(モイメメ)さんへ行ってきました!

今回はオパールを200ピース集めたイベント。

そしてアクティビティとして、オパール削り体験(事前申し込みが必要)を楽しんできました。

 

カーテンをくぐると、そこには両手を入れられる穴が開いたアクリルケースと、リューターが。

※リューターとは:電動で石やプラスチックなどを削られる機械のこと。

 

夫と2人で1時間だったのですが、まずはしょーこから。

 

ちなみに削る前の石がこちら。

 

 

よく見たら右上にオパールがいます。側面を見ればほかにもちらほらいるのですが、とりあえずこの右端を中心に削っていきます!

 

リューターで削り始めると、機械の説明をしてくださった方からひと言。

 

「慣れてらっしゃいますね」

 

ドキッ。

実は我が家、ホビー用(プラモデル制作などに使う)のリューターや研磨機があり、一時は河原で拾った石を夫婦で削りまくっていました。

 

そしてなぜか、削れば削るほど細く顔を出すオパール

 

私「これ……ここにもいますよね?」

お店の方「そうですね、いますね……。もうちょっと削りましょう」

 

ちなみに削っているときの作業状況はこちら(手の主は夫)

 

指サックがあったので、安全&滑りにくくてやりやすかったです。

我が家でも指サックを導入しよう。

 

そして削った結果がこちら。

 

わかりにくいのですが、白っぽいところがオパールです。意外と出ましたが、うーん、もっと出てほしかったなー。

 

楽しい体験をして帰ったきたしょーこ。

 

夫にリューターを出してもらって延長戦突入。そう、家のリューターで削り始めたのです。

 

シンクでギャリギャリ削りましたが、あまりうまく出ませんでした。

塊で入っているというよりは、層として入っているタイプの子だったらしく、なかなか難しかったけれど、楽しかったです。

 

うーん、ミネショで原石オパール買って、また削ってみようかなあ。

 

ちなみに削るときはめちゃくちゃ泥がはねるので、汚れてもいい服装で、粉塵防止のためにマスクをつけて行いましょうね!

 

ちなみにしょーこの服と胸もと、泥だらけになりました(´∀`;)

 

それでも楽しかったのでヨシ!

 

それでは今日はこの辺で。

神戸ミネラルマルシェ、行ってきた!

こんにちは、しょーこです。

 

今回は友人と神戸ミネラルマルシェに行ってきました!

 

この神戸ミネラルマルシェ、なんとVtuberの方々とコラボしていました。

実は私の好きなVtuberさんも出ていて、テンションがあがりました。

 

リポスト(リツイート)画面を受け付けの方に見せて、特典の缶バッチをゲット!

 

 

下段左端にいる、ピンク色の猫耳Vtuberさん、桜屋敷ネネコちゃんが私の好きなVtuberさんなんです!ゲットできてうれしい!

 

さて今回は1階と2階で開催されていました。1階もそこそこに2階へ。

 

友人には「今日はもう君について行くので」と言われ、あちこち回りながらも、1番気になるお店が、VVGEMSさん。なんと出展者に名前は載っていなかったものの、参加されるとツイートが。

 

その話をすると「じゃあ、もうそのお店行っちゃいましょう!」と言ってくれたので、VVGEMSさんのブースを探すことに。

 

歩き回ったものの、なんとか発見!お姉さん(通称ヴァレちゃん)に手を振ってもらえたのを見て友人は「え、そこまで仲良かったの?常連じゃないの」とツッコミを入れられました。

 

今回私が気になっていたのは、ピンク色の石。桜色のようなピンクが気になっていたので、予算と欲しい石の色をヴァレちゃんに伝えます。

 

VVGEMSさんは、予算と欲しい(好み)石の色を伝えると、いろいろおすすめしてくれます!ちょっとこの子じゃないなーと思ったときは「じゃあ、別の子だね」と言って別の石を紹介してくれます。

 

強引に勧めてこないので、安心して石を見られるのが嬉しいです。

 

すると最初に出てきたのは、6カラットを超えるクンツァイト

 

クンツァイトは和名だとリチア輝石(きせき)といい、1902年にジョージ・フレデリック・クンツ博士が発見し、彼の名前にちなんでつけられました。このクンツ博士、なんとティファニーの首席宝石鑑定士だったのです。

 

ティファニーはさまざまな宝石の名づけを行なっています。有名なのはタンザナイト、そのほかにもモルガナイトやツァボライトなどがあります。

 

しかしクンツァイトは予算オーバーだったので、また今度。

そのほかに出してくれて、お迎えしたのがこちらです!

 

 

 

とってもかわいいピンクです!2つともピンクなのに違っていて、個性を感じます。

 

ジャックフロストくんも興味津々。

 

ジャックフロスト「この石はどういう石なんだホ?」

 

あら、いい質問ですねジャックフロストくん。

 

『蓮の花の色』という意味であるパパラチアの名前が付けられたサファイアで、名乗れる色の幅がとても狭い石です。ピンクとオレンジが混じった色で、多くの人を魅了しています。

 

サファイアということで、誕生石は9月になります。

 

石言葉は一途な愛、運命的な恋、信頼関係です。

 

パパラチアサファイアとよく似た名前でパパラチア『カラー』サファイアというものがあります。パパラチアカラーサファイアはパパラチアカラー(ピンクとオレンジが混ざった色)に見えるように処理した石のことです。熱処理の間にベリリウムを入れます。

 

ちなみに緑のベリリウムはエメラルド、青はアクアマリンと呼ばれ、身近な元素ですね。

 

そしてパパラチアサファイアはなんとUVライトを当てると赤く蛍光するのです!

 

ただしポイントが2つ。

1つはケースから出すこと。もう1つは白地のところで行わないことです。

 

白地のところでやると、UVライトの光が反射してわかりにくくなってしまいます。そのため蛍光する石はケースから出して白以外の色の布の上などで行いましょう。

 

「この石もピンクだホー」

 

そうなんですよ、ジャックフロストくん。

 

トルマリンは色の種類がとても豊富で、色相環も作れてしまうほど。

今回はちょっと変わったカットのピンクトルマリンも一緒にお迎えしました。

 

トルマリン沼も深いと聞きます……。

 

こちらの2つをお迎えした私は、友達に石はコワクナイヨーと伝えるために、東洋ルースさんへ。

 

東洋ルースさんはたくさんの種類の石を500円から販売しているルース屋さんです。この500円という格安には友人もびっくり。興味を持ち始めます。

 

石を布教したいけれど、とっかかりになるお店がわからない、というときは東洋ルースさんをおすすめします。

 

「おかしいなあ、こんなつもりじゃなかったんだけどなあ」

 

そう言いながらも友人は、レインボーフローライトなど3点ほどをお買い上げ。やったぜ!

 

その後、お茶をして友達とはバイバイしました。

 

いやあ、友人が意外にも石に興味を持ってくれてよかったです。

パパラチアサファイアちゃんもピンクトルマリンちゃんもかわいいので、飾りたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

 

VVGEMSさん(告知は前日が多め)

twitter.com

 

東洋ルースさん 

twitter.com

 

桜屋敷ネネコちゃん

twitter.com

新しく仲魔が増えました

こんにちは、しょーこです。

 

8月18日、Moixx(モイメメ)さんのイベントに行ってきました!

 

今回のMoixxさんのイベントは、誕生石をテーマにしており、ルースや小さな原石が販売されていました!

 

ちなみに誕生石は2021年12月20日に変更されました。

新しい誕生石の一覧はこちらです。

 

 

参照:誕生石 | 一般社団法人日本ジュエリー協会

 

 

さすがにすべて、というわけではありませんでしたが、上記の中から選りすぐりのルースや原石が販売されており、心が躍りました!

 

特にかわいかったのは黄色みの強いスフェーン!スフェーンらしいギラギラ感と、しずく型のカット。あまりにかわいくて、店員さんと強く頷き合いながらサムズアップしました。

 

ちなみにスフェーンは『人生を変えてくれる石』なのだとか。眠っている才能を開花させ、夢や目標を持った人の大きな味方になってくれる、とされています。

 

そして今回の目玉。誕生石ではないのですが、なんとエチオピアンサンストーンが6点も販売されていました。

 

エチオピアサンストーンとは、自然銅を含むエチオピア産のサンストーンのことです。新しいサンストーンの産出地で2015年に見つかった、と店員さんに教えていただきました。

 

ではオレゴンサンストーンやエチオピアンサンストーンと、サンストーンの違いはなんでしょうか。

 

それは内包物です。通常のサンストーンは鉄分によってキラキラと光るのですが、オレゴンサンストーンやエチオピアンサンストーンは、自然銅によって光ります。

 

そんなエチオピアンサンストーンは、まだまだ産出されたばかりであまり国内に流通していない、とのこと。

 

なかにはこんなに真っ赤なものも!(※夫が購入したものです)

 

ちなみに斜め下から見ると、色味が変わります。

 

 

個人的には別のエチオピアンサンストーンが、ちょうどいい赤みでかわいらしく感じました。三角形のカットでした。

 

◇◇◇

 

そしてガチャガチャと真・女神転生シリーズが好きな(といっても3以降しかプレイできていない)私はあるものを見つけたのです。

 

それは、ジャックフロストのガチャガチャ!

 

ジャックフロストとは

冬の間に現れる雪と氷でできた妖精。無邪気な子どものような性格だが、怒らせると相手を氷漬けにしてしまう。

真・女神転生を含むアトラス作品では、人気のキャラクターで、制作会社であるアトラスのマスコットキャラクターでもある。プリクラの機械にいたことも。

 

これはもうやるっきゃねえ!ということで回しました。

 

 

かわいい!!

 

「よろしくヒホー!」

 

よろしくね、ジャックフロストくん!

 

ということで新しく仲魔が増えました。

これから(覚えていれば)一緒に石を紹介していきたいと思います。

 

それでは、今日はこの辺りで。